避妊薬アイピルを調べるカップル

アイピルとはアフターピルのことを言います。アイピルを、セックスの後72時間以内に服用することで着床を防ぐことが出来ます。アイピルを使用した後は必ず妊娠検査薬も使用してみましょう。

アイピルがあれば排卵も着床せずセックスも安心

セックスをする時に、最も気になるポイントとしては妊娠です。
元々繁殖のための行為ですから、性行為をすれば妊娠をする可能性があるのは当然のことですが多くの人はセックスはしたいけれども妊娠は困るという人が大半です。
現代ではセックスは繁殖活動のためではなく、快楽を得るため男女の繋がりをより深くするために行われるスキンシップとしての役割のほうが強いため、妊娠をしては困ることのほうが多いのです。

そこで、妊娠をしないためには避妊をする必要があるのですが広く用いられるコンドームを使用する方法は、避妊のことを考えるといくつかの問題があります。
まず、失敗しやすいという物がありセックスの最中に外れてしまったり穴が空いてしまったりして避妊に失敗してしまう可能性があるということです。
次に男性が主体の避妊法であるため、完全に避妊を男性任せにしなければならなくなってしまうというものがあります。
男性の中には避妊に対する心構えがなっていない人もいますから、いい加減な避妊をされてしまったり避妊を全くしないでセックスをされてしまうこともあります。

このように最もポピュラーなコンドームは正しく使えば非常に優れた避妊具ではあるのですが、問題もある方法となっています。
万が一避妊に失敗をしてしまった時のことを考えると、アイピルなどの緊急避妊薬を持っておくと安心です。
緊急避妊薬というのは、文字通り避妊に失敗をしてしまった時に緊急的に用いる避妊薬のことであり72時間以内の服用で妊娠を防ぐことが出来ます。
アイピルの仕組みとしては排卵が起きても着床しないように、強制的に生理状態を作り出して着床を防ぐので排卵があり受精をしても着床することがないので妊娠を避けることができるのです。